アコムのおまとめローン申し込みの口コミって?

銀行で、おまとめローンというサービスを提供しているところは少なく借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

銀行のフリーローンであれば事業用資金以外は使い途は自由となっているのですが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が早いので、銀行にはないメリットもたくさんあると言えます。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんからなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。

なお、多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引実績がある金融機関で滞納なく返済していれば逆にプラス評価となります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社利用していることが原因です。

おまとめローンによって利息が減るのかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンを提供している金融機関では自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融と比べて銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

おまとめローンとは複数の金融業者から借金をしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りていると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

月々の返済額がキツくなったという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

何件もの金融業者からお金を借りていると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから全ての借入れを返済できる金額を融資してもらうにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

消費者金融大手のアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンがあります。

消費者金融は総量規制を受けるため年収の1/3を超える融資ができませんがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることで貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

参照:アコムおまとめローン申し込み!借り入れ審査厳しい?【金利高い?】

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなくクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

おまとめローンを利用する際に一番手軽な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですし夜中や早朝でも、自分の都合が良いタイミングで申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますが最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。