住宅ローン減税の審査は厳しいの?

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。
現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。
ですので、金融機関の住宅ローン減税を申し込む方が一般的です。
住宅ローン減税審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。
35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。
自分の家を建てたい!と思ったとき銀行系、ネットバンク系ならどこでも申請可能なマイホーム購入時の融資が頼りになります。
とはいえ、金融機関はたくさんあるのでどこの商品がよいのか迷ってしまいますよね。
選び方を挙げるとすると、行きやすい金融機関でも良いですし不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども申し込みをする事ができます。
ただ、どこに申し込んだ場合でも審査が必ず必要で申込者全員が通る。
といった物ではありませんので、注意してください。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
住宅ローンの金利は大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行から薦められる事はありません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
住宅購入の際に役立つものが住宅ローンです。
申し込みは銀行や信用金庫で行っています。
申し込みの時には、銀行側から言われた資料を用意します。
やっぱり、長い期間と大量の現金を貸し出すのですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。
以上の事から、申し込めば確実に通る。
という期待はできません。
通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。
よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。